Make your own free website on Tripod.com


CALA - アクセスログ解析

Version : 3.10





機能/特徴

アクセスカウンタ兼ログ解析スクリプトです。

カウンタ機能は Sim Counter とほとんど同じ機能を備えていて、
とほほのWWW入門 で配布されている gifcat.pl を使用した GIF 連結や、
合計 + 今日 + 昨日のカウント数表示、
特定ホストからのカウンタアップ禁止などの機能を備えています。


ログ解析としての機能は、
ログ統計では、 を解析する事ができます。
ログ解析は、パスワードで閲覧制限することが可能です。
また、特定のデータを持つアクセスデータを抽出して表示することも可能です。


設定する

cala.cgi , indi.cgi , acs.cgi , cnt.cgi , analyze.cgi , admin.cgi をテキストエディタ等で開いてください。

まずは、1行目の Perl のパスを書き換えます。
これはサーバーによって異なるので、わからなければサーバー管理者に問い合わせてください。

次に設定を行います。 set.cgi を開いてください。
だいたいわかると思いますので、補足が必要そうなものだけピックアップします。


$PASS_KEY   # 閲覧制限 ( 1:する, 0: しない )

ログ解析閲覧時に、パスワードで制限するかどうかを指定します。
制限する場合は、Cookie を受け入れる設定にしてご覧ください。


$COUNT_TYPE   # 重複カウント設定

重複カウント(リロードによるカウンタアップ)をする/しないの設定です。

0 を設定すると重複カウントを数えます。

-1 を設定すると連続した同一IP はカウントしません。
つまり、一度自分がカウントを上げたら、他人でないともう一度カウントを上げることができません。

1 以上の値を設定すると、その時間内の重複カウントを数えません。  単位は時間です。


@FORBIDDEN   # カウント禁止ホスト名

管理者等のカウントを数えたくないときなどに使用してください。
ここに設定したホスト名からのアクセスはカウントしません。

ここでは正規表現が利用可能です。
例えば、 "*.com" は、ドットコムドメインを持つすべてのアドレスに、
"a*" は a で始まるすべてのアドレスにマッチします。


サーバーにアップロードする

設定ができたら、サーバーにアップロードします。
次のようにアップロードしてください。
/***/ はフォルダ、カッコ内の数字はパーミッションです。

※ パーミッションはサーバーによって変わる事があります。
※ CGI を置く場所が決まっているサーバーでは、きちんと従ってください。
  その際、graph.gif は HTML のサーバーに、img フォルダは CGI のサーバーに置いてください。


/cala/ (777)
  │
  ├--- /log/ (777)
  │      └--- ********.log (666)  ( 自動生成 )
  │
  ├--- /img/ (755)
  │      └--- 0.gif 〜 9.gif (644)
  │
  ├--- cala.cgi    (755)
  ├--- indi.cgi    (755)
  ├--- acs.cgi     (755)
  ├--- cnt.cgi     (755)
  ├--- analyze.cgi (755)
  ├--- admin.cgi   (755)
  │
  ├--- set.cgi     (644)
  ├--- gifcat.pl   (644)
  ├--- graph.gif   (644)
  │
  ├--- count.dat   (666)  ( 自動生成 )
  ├--- count.log   (666)  ( 自動生成 )
  └--- month.log   (666)  ( 自動生成 )

アップロードできたら、次のようなタグをページに貼り付けてください。


<script type="text/javascript">
<!--
wid = window.screen.width;
hei = window.screen.height;
clr = window.screen.colorDepth;
ref = window.parent.document.referrer;
document.write(
   "<img src='./cala/cala.cgi?" +
   "&w=" + wid + "&h=" + hei +
   "&clr=" + clr + "&ref=" + ref + "'>"
);
// -->
</script>
<noscript>
<img src="./cala/cala.cgi">
</noscript>

cala.cgi へのパスは正確にあわせてください。

今日や昨日のカウント数を表示したい場合は、
<img src="./cala/cala.cgi?type=Today">
<img src="./cala/cala.cgi?type=Yesterday"> のようなタグを貼り付けます。

カウンターがうまく表示されない場合は、cala.cgi に直接アクセスするとエラーメッセージが読めるので、それを参考にして修正してください。

ログ解析をみるには、indi.cgi にアクセスします。
また、admin.cgi にアクセスすると管理用パネルが開きます。
管理用パネルでは、カウント数の変更や、ログファイルの保存状況を見ることができます。


バージョンアップについて

Version 3.0 から
すべての実行ファイルを入れ替え、 admin.cgi を追加してください。

すべてのデータ互換ありです。

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

Version 2.x から
すべての実行ファイルを入れ替え、 admin.cgi を追加してください。

acs フォルダにある month.dat を、 month.log に名前を変え、 cala.cgi と同じフォルダに入れてください。
acs フォルダとその中身は削除してかまいません。

その他のデータ互換ありです。

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

Version 1.x から
すべての実行ファイルを入れ替え、 admin.cgi を追加してください。

また、解析タグを張り替えてください。

log フォルダに格納されているログファイルは、データ互換を持ちません。 消去してください。
acs フォルダにある month.dat を、 month.log に名前を変え、 cala.cgi と同じフォルダに入れてください。
acs フォルダとその中身は削除してかまいません。

その他のデータファイルはデータ互換を持ちます。


History

日付 Version 変更点など
2002/08/15 3.10 統計閲覧時のパスワード制限機能の追加
cala.cgi にエラーメッセージを追加
カウント禁止ホスト名に正規表現を使えるように変更
管理用パネルを追加
ブラウザ解析に Internet Ninja 、 ia_archiver を追加
細かなバグを修正
2002/06/13 3.00 アクセス数関連統計を、ログファイルから計算するように変更
月別のアクセス数を、month.log に保存するように変更
OS 解析に CacheOS を追加
ブラウザ解析に CacheFlow 、 朝日奈アンテナ を追加
2002/06/11 2.21 クッキーまわりを修正
2002/06/06 2.20 データ抽出の内容を表示するように変更
その際、リンク元 URL での抽出はリンク先に飛べるようにした
ブラウザ解析に iCab を追加
さらに、HTML の微調整
2002/05/17 2.11 Internet Explorer , MSN Explorer のスペルミスを修正
リンク元 URL が、javascript 非対応で取得できないのか、ブックマーク等で取得できないのかを区別
2002/05/12 2.10 統計期間・有効データ数を表示するように改良
UNIX 系 OS のバージョンを表示しないように変更
ブラウザ解析に Cuam , Sleipnir を追加
2002/05/04 2.01 画面発色数でデータ抽出した後、再表示するとデータが抽出されないバグを修正
2002/04/27 2.00 ・大幅にスクリプト書き直し
・画面解像度・発色数の統計を追加
・生ログ表示の際に表示項目を指定できるよう変更
2002/04/18 1.10 ドメイン統計の際、ドメインが取得できなかった場合 ( IP アドレス ) を一つにまとめるように変更
2002/04/17 1.00 初版公開